2007-6

2007北海道ホルスタイン ナショナル ショウ審査員決まる


オフィシャル・ジャッジ(主任審査員)
山口 寿典氏
 
㈱十勝家畜人工授精所 取締役 営業指導部長

アソシエート・ジャッジ(アソシエート審査員)

山田 光男氏 
別海町・酪農家
    山口 寿典氏

 2007年北海道ホルスタイン ナショナル ショウ(9月22日~23日)の審査員は、過般出品者による投票を行い、オフィシャル・ジャッジは山口寿典氏、アソシエート・ジャッジは山田光男氏に決定いたしました。
 本年度の選考は当組合の「共進会認定審査員」33名を審査員候補として、過去2ヵ年のナショナル ショウ(総合畜産共進会)出品者373名に投票を依頼したところ178名(投票率48%)の投票がありました。3月22日開催の経済企画委員会で開票し、得票上位者の中からオフィシャル・ジャッジ及びアソシエート・ジャッジを選考し、翌23日の第17回理事会に諮り決定いたしました。
 審査員選考に当たり、投票にご協力を下さいました皆様に厚くお礼申し上げます。
2005北海道ホルスタイン ナショナル ショウ
上位入賞牛を祝福する
高橋はるみ 北海道知事
北 良治 組合長
   
 
2007北海道ホルスタイン ナショナル ショウ開催要領

期日:平成19年9月22日(土)~23日(日)
場所:北海道ホルスタイン共進会場 安平町早来

 本年度の北海道ホルスタイン ナショナル ショウの開催要領が決定いたしましたので、その概要をお知らせいたします。本ショウは平成19年9月22日(土)~23日(日)の2日間に亘り、安平町早来の北海道ホルスタイン共進会場において開催いたします。
 審査員につきましては、オフィシャル・ジャッジには山口寿典氏(㈱十勝家畜人工授精所取締役 営業指導部長)、アソシエート・ジャッジには山田光男氏(別海町・酪農家)が担当することに決定いたしました。
 本年度は昨年の総合畜産共進会(乳用牛部門)と同様の審査区分での開催となります。
 後代検定事業に対する理解を深めてもらうため、後代検定娘牛2歳クラスを設け、普及推進を図ってまいります。このクラスは昨年、新設いたしましたが出品者及び出品窓口のご協力により24頭の出品があり、所期の目的を達成することができました。
 今年度におきましても更なるご協力をお願い申し上げます。
 酪農後継者の育成につきましても、第1部未経産カーフクラスと第2部未経産ジュニアクラスに「小学生高学年以上高校生以下の青少年が自家所有出品牛を地元(管内)共進会、全道共進会共に同一人が誘導すること」を条件にヤングブリーダーカップを併催し、酪農後継者の育成を図ってまいります。又、出品牛の衛生条件については、ここ数年の状況を見ると牛ウイルス性下痢-粘膜症(BVD-MD1型・2型)、牛RSウイルス感染症(RS)の発症が見られ、他のショウを含め北海道庁、家畜保健衛生所と対応を協議したところ、出品牛が全国から集畜し、一定期間同一牛舎に繋留することを考えると病気の感染・流行を防ぐことが肝要であるとの指導がありました。
 本ショウにおいては、その予防策として出品牛全体の予防レベルの水準を高めることにあり、以前のIBRを含めた6種の届出伝染病を総称して「牛呼吸器病」として明記し6種混合不活化ワクチンの接種をお願いすることとしました。


2007北海道ホルスタイン ナショナル ショウ開催要領

1.目  的
 ホルスタイン種の改良と酪農技術の向上並びに国際的な交流を図り、もって酪農経営の安定に寄与する。
2.会  名
 2007北海道ホルスタイン ナショナル ショウ
3.主  催
 北海道ホルスタイン農業協同組合
4.協  賛
 北海道ホルスタイン協会
5.後  援
 農林水産省、北海道、安平町、日本ホルスタイン登録協会・同北海道支局、北農中央会、ほか関係団体会社
6.場  所
 北海道ホルスタイン共進会場
 (勇払郡安平町早来新栄)
7.会  期
 平成19年9月22日(土)から9月23日(日)までの2日間
8.日  程
 9月22日(土)8:30
  比較審査(各部毎授賞、講評)
 9月23日(日)8:30
  比較審査(各部毎授賞、講評)
9.出品頭数
 約403頭
 北海道出品頭数の地区別割当は主催者が決定する。なお、割当頭数の内、半数以上を経産牛とする。
10.出品牛の資格
(1) ホルスタイン種登録牛。
(2) 未経産牛については、母が登録協会の検定成績証明済、又は申込中のもの。経産牛については、本牛が登録協会の検定成績証明済、又は申込中のもの。
(3) 生年月日を第1日とし、平成19年9月30日をもって生後10ヵ月以上のもの。
(4) 国外牛については、前記(2)の資格に準ずるものとする。
11.出品牛の衛生条件
 出品牛は、ブルセラ病・結核病・ヨーネ病・アカバネ病・牛呼吸器病について、別表の衛生条件を満たし、所定の衛生検査・予防接種・健康検査を済ませ、獣医師が発行する「衛生検査・予防接種・健康証明書」(別紙)を提出しなければならない。
 又、真菌症等の皮膚病に罹患していないこと及びイボ等体表(乳房も含む)に異常のないこと。
12.出品者の資格
(1) ホルスタイン種登録牛を所有する者。但し、同一農家の親子関係にあっては、その限りでない。
(2) 第1部及び第2部にヤングブリーダーカップを併催する。
① 誘導者は小学校高学年以上高校生以下とし、その出品牛は出品農家の所有牛に限る。ただし、地元(管内)共進会と同一人が誘導すること。
② 農業高校出品牛も含む。ただし、農林水産祭には参加しない。
13.出品申込
 所定の出品申込書と登録証明書の写しを、8月27日(月)までに各地区窓口団体を通じて主催者に提出すること。
14.審 査 員
 主催者が委嘱する。
15.審査の区分
 出品牛は次の区分により審査する。
部別 区分 月・年 齢 生年月日の範囲
第1部 未経産カーフクラス 10ヵ月以上12ヵ月未満 平成18年10月1日~平成18年11月30日
第2部 未経産ジュニアクラス 12   〃  14  〃 平成18年8月1日~平成18年9月30日
第3部 未経産ジュニアミドルクラス 14   〃  16  〃 平成18年6月1日~平成18年7月31日
第4部 未経産ミドルクラス 16   〃  18  〃 平成18年4月1日~平成18年5月31日
第5部 未経産シニアミドルクラス 18   〃  20  〃 平成18年2月1日~平成18年3月31日
第6部 未経産シニアクラス 20   〃  22  〃 平成17年12月1日~平成18年1月31日
第7部 後代検定娘牛2歳クラス 36ヵ月未満 初産 平成16年10月1日以降
第8部 ジュニア2歳クラス 30ヵ月未満 平成17年4月1日以降
第9部 シニア2歳クラス 30ヵ月以上36ヵ月未満 平成16年10月1日~平成17年3月31日
第10部 ジュニア3歳クラス 36   〃  42  〃 平成16年4月1日~平成16年9月30日
第11部 シニア3歳クラス 42   〃  48  〃 平成15年10月1日~平成16年3月31日
第12部 4歳クラス 4歳以上5歳未満 平成14年10月1日~平成15年9月30日
第13部 5歳クラス 5  〃 6 〃 平成13年10月1日~平成14年9月30日
第14部 成年クラス 6歳以上 平成13年9月30日以前

<注>(1) 第1部及び第2部のヤングブリーダーカップ参加者に記念品等を贈呈する。
       又、第1部及び第2部の中で優秀なものにカップを贈呈する。
     (2) 第6部未経産シニアクラスは妊娠確実であるもの。
     (3) 第7部、第8部は2歳以下であっても出品できる。

16.表  彰
 審査の結果により、次の区分によって表彰する。
部   別 出品頭数 1等賞 2等賞 3等賞 チャンピオン 特別賞
ジ ュニア 第1部 未経産カーフクラス 30 74 136 193 403 グランド
チャンピオン

(1)
リザーブ
グランド
チャンピオン

(1)
ジュニア
チャンピオン

(1)
リザーブ
ジュニア
チャンピオン

(1)
ヤング
ブリーダー
カップ(1)
リザーブ
ヤング
ブリーダー
カップ(1)
第2部 未経産ジュニアクラス 30
第3部 未経産ジュニアミドルクラス 30    
第4部 未経産ミドルクラス 30
第5部 未経産シニアミドルクラス 30
第6部 未経産シニアクラス 30
インタ|ミデ ィエイト
第7部 後代検定娘牛2歳クラス 30 インター
ミディエイト
チャンピオン

(1)
リザーブ
インター
ミディエイト
チャンピオン

(1)



ベストアダー賞(8) & 
2ndベストアダー賞(8)


|
|
第10~14部:   ベストプロダクション賞(5)
|
|
|
|
第8部 ジュニア2歳クラス 30
第9部 シニア2歳クラス 30
第10部 ジュニア3歳クラス 30
第11部 シニア3歳クラス 28
シニア 第12部 4歳クラス 25 シニア
チャンピオン

(1)
リザーブ
シニア
チャンピオン

(1)
第13部 5歳クラス 25
第14部 成年クラス 25
403 74 136 193 403 1 1 3 3     

<注>(1)本ショウ(道総合畜産共進会を含む)に5回以上出品した牛については、賞状と記念品を贈呈する。
     (2)第7部から第14部までの8部門については、乳器審査を同時に行い、ベストアダー及び、セカンドベ
       ストアダーを表彰する。
     (3)第10部から第14部までの5部門については、2等賞以上の中からSCM換算乳量でトップのものをベ
       ストプロダクションとして表彰する。
     (4)高校生以下のリードマンには記念品を贈呈する。
     (5)チャンピオン、リザーブ・チャンピオンは、各部門の1等賞1席、2席を対象として選出し、選ばれた
       部門についての表彰の繰上げはしない。
     (6)チャンピオン、リザーブ・チャンピオン6点の中から、グランド・チャンピオンとリザーブ・グランド・チャ
       ンピオン各1点を表彰する。

17.そ の 他
(1) 出品牛は、9月20日(木)午前9時から午後5時、9月21日(金)午前9時から正午までの間に搬入する。
(2) 特に守るべき作法については、別に定める「北海道ホルスタインナショナルショウ倫理規定」に基づき出品者は、出品牛が適正な準備により審査され、牛本来が備えている資質、あるいは牛体(骨格)構造を欺く行為によりショウの名誉並びに、酪農に対するイメージを汚してはならない。
(3) 出品牛は、牛の個体識別のための情報の管理及び伝達に関する特別措置法(平成15年法律72号)第9条に規定する所定の耳標を装着しているものとする。
(4) 出品牛は、会期中会場から引き出すことができない。ただし主催者の許可を得たものはこの限りではない。
(5) 第6部については妊娠鑑定書を持参する。
(6) 出品者は、審査又は表彰に対し、これを拒み、又は異議の申し立てをすることができない。不正行為等によって褒賞を受けたことを発見した場合には、その褒賞を取り消す。
(7) 出品に要する経費及び損害は、出品者の負担とする。
(8) その他、必要な事項は主催者が決める。
18.付帯事項
(1) 酪農機械器具、資材展示会
(2) チャンピオン予想投票
(3) ゴールデンナショナルセール(優秀雌牛せり)
(4) 酪農ふれあい交流会
(5) ジュニア酪農教室及びリードマンコンテスト
別 表                         出品牛の衛生条件
検査・注射等の証明
が必要な疾病等
衛生条件等 携帯が必要な
証明書の様式
ブ ル セ ラ 病
結  核  病
・搬入日前1年以内に検査を受けていること。
(生後90日未満のものにあっては獣医師の臨床検査による)
獣医師の発行する
証明書(別紙)
ヨ ー ネ 病 ・搬入日前6ヵ月以内に家畜保健衛生所による検査(血液検査)を受けていること。
(6ヵ月未満のものにあっては獣医師の臨床検査による)
ア カ バ ネ 病 ・搬入日前3週間以上6ヵ月以内に獣医師による予防接種を受けていること。
牛 呼 吸 器 病
<牛伝染性鼻気管炎(IBR)、
牛ウイルス性下痢―粘膜病
(BVD・MD)1型 2型、
牛パラインフルエンザ(PI)、
牛RSウイルス感染症(RS)、
牛アデノウイルス感染症(AD)>
・搬入日前3週間以上6ヵ月以内に獣医師による予防接種(6種混合不活化ワクチン)を受けていること。
健康である旨の証明 ・搬入日前1週間以内に獣医師による臨床検査を受けていること。
注1:真菌症等の皮膚病及びイボ等体表(乳房も含む)に異常があるものは他の牛への感染の恐れがあるため、羅患牛は出品を認めない。   
  



第18回理事会の概要
平成19年4月26日(木)午後2時
北海道ホルスタイン農業協同組合
【報告事項】
1.前回理事会(3/23)後の主な処理事項について
 3/26   登録情報活用に係る検討会
  /28   北海道ホルスタイン改良協議会 三役会
 4/12~13 決算監査
  /13   JHBS決算監査

【協議事項】
1.組合員の加入について
・加入5名
・加入後の組合員数1,084名
2.第61回通常総会提出議案について

3.北海道ジャージー酪農振興協議会設立総会開催及び本協議会事務局について

4.【規約付属書】監事監査規定改正(案)の制定について

5.総会出席組合員酪農支援品について


第61回通常総会の開催
北 良治組合長再任ほか15名が就任

 本年度通常総会は、5月23日(水)札幌市(共済ホール)で開催され、提出議案6件は原案どおり可決・承認されました。任期満了による役員改選では、推薦会議で選考された16名の候補者が選任され、総会終了後の第1回理事会において北 良治組合長が選任されるとともに、副組合長には角倉了一氏が選任されたほか、右表のとおりそれぞれ就任いたしました。
役 職 氏 名 選 出 地 区
代表理事組合長
副組合長理事
専 務 理 事
理    事







北   良  治
角 倉 了 一
桑 元 忠 彦
橋 本 善 吉
岩 本 勝 男
水 本 隆 夫
小 出 秀 晃
河 野 崇 治
中 嶋 隆 司
浦   敏  男
菅 原 善 幸
山 口 哲 朗
 空・留(奈井江町)
 十 勝(大樹町)
 学・経(札幌市)
 胆・日(安平町)
 後・渡・檜(積丹町)
 石 狩(恵庭市)
 十 勝(帯広市)
 石 狩(江別市)
 空・留(苫前町)
 上 川(美瑛町)
 釧 路(釧路市)
 網 走(遠軽町)
代 表 監 事
監    事
大 迫 誠 一
吉 田 国 男
澤 田 礼 二
 根 室(標津町)
 胆・日(日高町)
 宗 谷(枝幸町)




北海道ジャージー酪農振興協議会設立成る

 5月23日(水)札幌市内共済ビル6階会議室において、北海道ジャージー酪農振興協議会の設立総会が開催され、規約案件等の協議が行われ全会一致で可決承認された。この協議会は、道内ジャージー種の乳用牛としての位置づけを高め、より一層の改良技術の交流を図るとともに、共進会・研修会などを通じ相互に技術と資質の向上を目的に、ジャージー種を飼養する酪農家あるいは興味を持つ関係者をもって構成会員とする協議会である。当日は2・3日前からの天候の良さもあり、道内から15名の出席者に留まったものの、今後の事業活動の内容充実を図りつつ、会員の加入促進に努めることが示唆された。
 初代会長には帯広市 加藤賢一氏、副会長には剣淵町 石田 守氏が選任された他、右表のとおり理事・監事がそれぞれ選任された。

役 職 氏    名
会 長
副会長
理 事
監 事
 帯 広 市  加 藤 賢 一
 剣 淵 町  石 田   守
 三 笠 市  東 山 佑 介
 佐呂間町  惣 田 和 雄
 北広島市  岩 田 政 彦

就任挨拶する加藤賢一会長



登録部より 血統能力証明書の様式変更について

 血統能力証明書は、検定成績証明・審査成績証明・血統能力調書を同一様式にて発行しています。
 今般、平成19年4月から発行する血統能力証明書に、掲載項目を追加するとともに印字文字を大きくする等、より見易く、使い易くするため様式を変更いたしましたので、その概要をご案内いたします。
 また、19年度の「牛群ごと検定成績申込み」の受付は6月末までとしておりますので、申込み下さるよう併せてご案内いたします。
 なお、ご意見・ご要望等については、地元の登録取扱団体または日本ホルスタイン登録協会北海道支局・登録証明課までお願い申し上げます。

1.変更の趣旨
 血統能力証明書(検定成績証明)は、平成7年度から血統3代と遺伝評価値を掲載することで、B5サイズからA4サイズに大幅な変更を行い、平成14年度からは血統を4代にする等の変更を行っております。
 その後、①乳蛋白質量・無脂固形分量の掲載 ②乳蛋白質量・無脂固形分量の指数(現在は偏差値) ③体型指数(現在は偏差値) ④印字を大きく等の要望があり、今般、これらを踏まえて様式を変更(A4サイズ縦の表裏両面印刷)いたしました。
 なお、ジャージー種の血統能力証明書(検定成績証明・審査成績証明・血統能力調書)も同一様式で発行していますが、遺伝評価値・偏差値については、掲載するための準備が必要なことから当分の間掲載いたしませんのでご了承下さい。

2.掲載内容の変更点
 別表の「血統能力証明書新旧様式対照表」並びに「血統能力証明書の様式と見方」を参照下さい。

血統能力証明書新旧様式対照表 
新様式 追加・変更項目 現行様式
①表 面:本牛、父母牛、成績
②裏 面:父方の祖父・祖母
      母方の祖父母、祖々父母、成績
表      示 ①表面:全項目記載
②裏面:記載なし
   
2 箇 所 (左側上段と右側上段) 血統登録番号 1 箇 所
①体型偏差値
②母 牛         初産時・最高審査成績
③母方祖母、祖々母        同  上
審 査 成 績 ①記載なし
②母 牛最高審査成績
③記載なし
①乳蛋白質量、同偏差値
②無脂乳固形分量、同偏差値
検 定 記 録 ①記載なし
②記載なし
①本 牛            直近4回
②母方祖母、祖々母    直近3回
シ ョ ウ 歴 ①本 牛        直近3回
②記載なし
西暦8桁 検定分娩年月日 西暦6桁
西暦8桁 (和暦を併記) 本牛生年月日 西暦6桁
①本 牛     12記録 + 累 計
②母 牛        同  上
検 定 記 録 ①本 牛     14記録 + 累 計
②母 牛     18記録 + 累 計
出来る限り、大きく 印      字       

血統能力証明書の様式と見方
テキスト ボックス: 母・祖母・祖々母の検定成績の表示について
・	乳量(305日または365日)の多い産次を優先して表示
・	累計は各乳期で最長の検定日数を持つ成績証明を対象に計算
(表示されていない産次の成績も累計値に含まれます)
・	外国の検定成績については、ペディグリ-の提出のあったものを表示


 


前期体型審査予定


日程 618日~629

□石狩地区
全管内
□空知地区
 
全管内
□十勝地区
  豊頃・浦幌・本別・足寄・陸別
□根室地区
  西春別・中標津・計根別
□網走地区
  紋別・上渚滑・雄武・興部・滝上・西興部

日程 72日~713
□上川地区
  全管内
□後志・渡島・檜山地区
  全管内
□十勝地区
  新得・清水・芽室・鹿追・士幌・上士幌
□釧路地区

  釧路・阿寒・鶴居・幌呂・白糠・音別
□網走地区

  丸瀬布・遠軽・上湧別・湧別・芭露生田原・白滝・留辺蘂・温根湯

日程 717日~728
□十勝地区
  中札内・更別・大樹・広尾・忠類
□釧路地区
  弟子屈・標茶・浜中・厚岸
□根室地区
  根室・別海・標津
□網走地区
  北見・相内・上常呂・置戸・訓子府・端野・美幌・女満別・津別
□留萌地区

  全管内

日程 827日~97
□胆振・日高地区
  全管内
□十勝地区
  帯広・川西・大正・音更・木野高島・池田・幕別・札内
□根室地区
  上春別・中春別・計根別(一部)
□網走地区
  網走・佐呂間・常呂・東藻琴・斜里・小清水・清里
□宗谷地区
  全管内


 



ひとこと

 皆さんのG・W(ゴールデンウィーク)はどうお過ごしでしたか?
 今年のG・Wは祝日と土日が重なってしまったりして、「あまり遠くへ行けなかった!」なんて不満がある方や、「満喫しすぎてお腹いっぱい!」なんていう方もいらっしゃることでしょう。
 ちなみに私のG・Wは高校時代の友達と登別へ行ってきました。
 そこで、みなさんにお伝えしたいのが、登別温泉街のちょっと奥にある『天然足湯』です。私の宿泊していた旅館から『天然足湯』まで徒歩5分程ということを知り、これは行かなくては!と思い、駆け足で向かったのですが、着いてびっくり!川が真っ白!実は、札幌に帰ってから新聞で知ったのですが、『地獄谷』の近くの『大正地獄』という沼から高さ2、3メートルの熱湯が噴出しているのが確認されたらしく、この現象が観測されたのは23年ぶりとのこと。『大正地獄』から流れ出たお湯がここの『天然足湯』まで注がれているため、泥混じりの熱湯が噴出しているのが影響してか、川は真っ白に。人体への影響は無く、いつもは透明のお湯が流れているとのことですが、まだ『大正地獄』で何が起こったかを知らない私達は、「こ、これは足入れていいのかなぁ…?」と顔を見合わせましたが、辺りにいるおじさんは気持ち良さそうに入っている…。
 …う~ん。入っちゃえ。
 と、入ってみると最初は「熱い!熱い!」とじたばたしていた私ですが、川底にある柔らかくて暖かい泥が何だか気持ち良くなってきて、結局40分以上そこでまったりと時間を潰していました。
 そもそもそこの『天然足湯』は、10分~20分浸かるのが効果的(効能:むくみ・冷え症・疲労回復…等)だそうで、40分以上も浸かった私は、足の皮がふやけて剥けてしまった事に衝撃を受けましたが、G・Wにこんな偶然は滅多に無く、旅の思い出としてとても楽しい経験になりました。(下駄サンダルだったのでちょっとヒリヒリして痛い…)
 皆さんも来年のG・Wには道内旅行を楽しんでみてはいかがですか?ちょっとしたサプライズがあるかもしれません。
E.H
 
















Copyright (C) 2006 Hokkaido Holstein Agricaltural Cooperation . All Rights Reserved