2009-9



   2009北海道 ホルスタイン ナショナル ショウ
期日:
場所:
平成21年9月12日(土)~13日(日)
音更町 十勝農協連家畜共進会場
   オフィシャル・ジャッジ 串 田 雅 樹 氏
(清水町・酪農家)
アソシエート・ジャッジ 小 泉 俊 裕
(当組合 審査部企画課長)
 2009北海道ホルスタインナショナルショウの前哨戦である、各地区共進会が7月26日(日)の十勝地区を皮切りに8月12日(水)まで全道12地区で開催されました。
 地区共進会で勝抜いた出品者の皆様は、ナショナルショウ出品に向けての調教や準備を着々と進めているものと推察いたします。人・牛ともにベストコンディションで開催当日を迎えていただくよう祈念いたします。
 今年の開催は、安平町の当組合家畜市場施設の新築工事に伴い会場を音更町に移し、例年より2週間ほど早い9月第2週の土曜日・日曜日に行います。
 また、後代検定に対する理解を深めてもらうとともに普及推進を図る目的で行っている後代検定娘牛2歳クラス(生後36ヵ月未満 初産)は、昨年と同様に第7部に設けております。
2008北海道ホルスタインナショナルショウ
グランドチャンピオン、リザーブグランドチャンピオン
  
 後継者育成を目的として、第1部未経産カーフクラスと第2部未経産ジュニアクラスに小学生高学年以上高校生以下の青少年を対象としたヤングブリーダーカップを設けており、チャンピオン牛にはカップが贈呈されます。また、高校生以下のリードマンには記念品を贈呈することとしております。

 付帯行事としては、「酪農資材展示」、「リードマンコンテスト」、「ジュニア酪農教室」などを開催しますが、例年行われている「ゴールデン ナショナル セール」は、休止いたします。
 したがって「ジュニア酪農教室」、「リードマンコンテスト」は、例年「ゴールデン ナショナル セール」のフイッターとして来日した方に講師と審査員をお願いし、ショウリングにおける牛の誘導技術の研鑽と、出品マナーの向上のため講習を行っておりましたが、今年は、本共進会のアソシエート・ジャッジである当組合の審査部企画課長小泉俊裕が担当し開催する事としております。
ナショナルショウ日程
9月12日(土)  8時30分開始
日         程
開会宣言
第1部 未経産カ-フクラス
第2部 未経産ジュニアクラス
ヤングブリ-ダ-カップチャンピオン決定
第3部 未経産ジュニアミドルクラス
主催者・来賓挨拶
第4部 未経産ミドルクラス
第5部 未経産シニアミドルクラス
第6部 未経産シニアクラス
昼休み
第7部 後代検定娘牛2歳クラス
第8部 ジュニア2歳クラス
第9部 シニア2歳クラス
第10部 ジュニア3歳クラス
第11部 シニア3歳クラス
ジュニア酪農教室
9月13日(日)   8時30分開始
リ-ドマンコンテスト
   小・中学生の部
   高校生の部
第12部 4歳クラス
第13部 5歳クラス
第14部 成年クラス
チャンピオン決定審査
褒賞授与式
閉 会
  
  
タクシーで来場の場合
1.帯広駅     会場(10㎞) 約2,800円
2.帯広空港   会場
 1)高速道路利用の場合(37㎞) 約9,600円  
      ※他に高速料金がプラスされます。
 2)一般道路を利用の場合(35㎞)約9,000円
 注) 料金は最短と思われる道路を経由した場合の料金です
自家用車で来場の場合
1.高速音更帯広インターチェンジで降りてすぐ
(約0.3㎞)
2008北海道ホルスタイン
 ナショナルショウ
「ジュニア酪農教室」
 開催日が例年より2週間早いこと、また、開催場所が十勝管内音更町へと変わりますが、多くの方々にご来場いただきご観覧下さいますようお待ちいたしております。
 なお、今年は無料バスによる送迎は行っておりませんので、タクシーか自家用車でご来場くださるようお願いいたします。
◇リードマンコンテストの採点
 リードマンコンテストに出場申込みをされた青少年の方々はリードの練習に励んでいることと思います。
 このコンテストは青少年のショウリングにおける牛の誘導技術の研鑽と出品マナーの向上を図るため、平成16年(2004年)に初の試みとして行われ以来5ヵ年間道内外の青少年が受講し立派な酪農青年として巣立ち活躍しております。
 また、コンテストは今回もアメリカ PDCA(乳用牛品種協会)のショウマンシップ採点カードを基に行うことから、採点カードを掲載いたします。参考にしてトレーニングを重ね参加願います。審査員からは、リードしている牛の情報(名号、生年月日、父牛名、母牛名、授精月日、更に経産牛では分娩年月日、産次)について質問することがありますのでリード牛の情報は確実に把握されるようお願いいたします。
2008北海道ホルスタインナショナルショウ リードマンコンテスト
  
 なお、リードマンコンテストの審査員は土曜日の夕方開催する「ジュニア酪農教室」においてリード牛の誘導方法等の講習を行ないますのでリードマンコンテスト出場者の方もご参加下さい。

 
    
リードマンコンテスト採点カード

1.リードマンの外観 10点     
2.リード技術 60点
 ①
誘導技術       25点
 ②
適切な姿勢をとらせる技術    15点
 ③
最良な長所を見せる技術    10点
 ④
構え方、機敏さ、態度    10点
       
     
     
  僅かな減点
  やや重い減点
上下白の衣装を着ていない 牛を上手く扱えない
牧場名やロゴの入った衣装を着ている 手綱をコイル状にぎっちりと巻いている
不適切な靴を履いている あまりにゆっくり誘導している
不適切、あるいは不完全な衣装を着ている もくしの手綱をあまりに長くして持っている
四肢の立たせ方が不正確
もくしのサイズが牛に合っていない 過剰なアピール
もくしが適切に調整されていない その牛の体型欠点を認識出来ていない
手綱をコイル状に巻いている その牛を最良の状態で見せられない
牛が頭を下げた姿勢にしている 生年月日、分娩月日、授精月日、分娩予定月日が分からない
牛の前肢の蹄を踏んで姿勢を直そうとしている
前の牛とのスペースを空けすぎている 周りを見ずに、一心に審査員を見すぎる
審査員が牛の周りを移動しながら見ているとき後肢の踏み込みを上手に替えられない
審査員や補助員の指示に素早く反応できない
     
     
  非常に重大な減点   失 格
手綱をチェーンから外したり、コイル状に巻いたり縛ったりしている 倫理規定違反
スポーツマン精神違反
不必要にも係わらず、牛を殴る
(後肢の)蹄を踏んで、後肢の位置を直そうとする
ラインに沿って牛を引いているときに、前の牛との間隔が詰まったり、重なり合ったりする
スポーツマンらしくない行動
      
〈アメリカ PDCA (乳用牛品種協会) のショウマンシップ採点カード参照〉



平成21年度 地区登録委員研修協議会を開催
 標記研修協議会は、登録業務の普及推進と的確な事務処理を図り登録委員との密接な連携を保つことを目的に、毎年開催しております。
 今年度は、7月9日に当組合で開催した道央・道南地区を皮切りに、24日まで全道9会場において、150余名の登録委員ならびに登録事務担当者の参集を得て開催いたしました。
 研修協議会では、登録業務の取扱い変更点や協議事項ならびに乳用牛管理システム等について説明を行いました。
 説明後には活発な質疑応答と数多くのご意見を頂き、登録事業への関心の高さが窺われました。
  
1.登録業務

 前年からの登録取扱い変更点の説明、登録に際して特に注意頂きたい点を中心に説明すると共に、登録業務に係る下記の報告をいたしました。
  -報告事項-
(1) 赤血球型による親子判定の廃止
 平成19年の遺伝子型検査による親子判定への移行後も、供卵牛が死亡等で赤血球型しか有しない場合に限り、特例措置で行なっていました「赤血球型による親子判定」も2年が経過したことから廃止する事になりました。
廃止期日:平成22年3月31日
(2) モニタリング(BLAD・CVM)調査事業の終了
 登録申請雄牛及び供卵牛は、モニタリング調査事業で遺伝性疾患のBLAD・CVMを無料で検査しておりましたが、調査事業の終了に伴い有料検査となります。
 種雄牛は検査が義務付けされていますが、供卵牛は義務付けされていません。しかし、不良遺伝子を拡散させないためにも、検査をお願いします。
調査事業終了:平成23年3月31日
   
  -注意願いたい事項-
(1) RED(赤白斑)及びOC(異常斑紋)について
 RED・OC牛は、名号末尾に「RED(OC)」を付けて登録しなければ成りません。
 しかし、自動登録が90%を超えた昨今、登録委員も自動登録申込牛のRED・OCは判らないのが実情です。
 この事から、生産者に対しては「RED・OC」の周知徹底をして頂く様に依頼しました。
  
[OC(異常斑紋)とは]
 ・尾房または腹が全黒のもの
 ・四肢の蹄冠部を一肢でも黒毛で取り巻くもの
 ・灰色または赤白の斑点があるもの
 RED・OCについては、速やかに連絡願います。(登録後6ヵ月を超えると有料更正と成ります)
   
  -協議事項-
(1) 登録料金等請求書に係る表示項目の取扱い
 現在、牛群審査・牛群検定料金等は登録料金とは別に請求書が発行されていますが、今後は「登録料金等請求書」にて一括請求すること、ET牛の登録手数料等の請求額が発生しない項目を請求書から削除する事などについて協議頂き、了解を得ることが出来ました。
(2) 「登録牛・導入牛一覧表」の取扱い
 自動登録農家には、四半期毎に「登録牛・導入牛一覧表」を作成し、登録取扱団体へ送付していますが、アンケート結果に基づいて発行する事といたしました。
(3) 自動登録の連続授精における「遺伝子型調査料金」の助成中止
 平成19年9月から、自動登録牛で連続授精されていた場合の「親子判定」に半額助成を行なって来ましたが、一定の成果が確認できたことから、助成中止について協議頂きました。
 助成継続のご意見もありましたが、概ね了解を得ることが出来ました。
助成:平成22年6月30日までの登録申請牛(予定)
  
2.審査業務
 「牛の粗飼料利用性調査研究事業」で放牧主体牛群の体型調査・測尺を今年の11月頃に行なうこととなり、対象農家の取りまとめ等について協力を依頼しました。
 また、ブラウンスイス種の体格審査については、料金等を整理のうえで、今年度内に開始出来る体制を整えたいと説明しました。
  
3.北海道のホルスタインにおける改良の現状および登録情報の活用
 北海道における泌乳能力・体型の遺伝的トレンドおよび妊娠率の表型的トレンドについて説明をするとともに、交配相談システムがバージョンアップした事から、新しい機能を中心に使用方法の説明を行ないました。
  
4.乳用牛管理システム
 自動登録の普及率が90%を超え、血縁を明らかにするデータ確保が可能に成った事から、乳用種から生産された全ての牛について血縁を構築し、登録の精度向上と信憑性の保持・改良集団の拡大を図る目的で「乳用牛管理システム」を今秋から運用したいと説明しました。
 本システムは、将来的には全牛登録に向けた「無登録牛」の情報確保、昨今増加傾向にある「乳用種間の交雑種」の登録への繰り入れをも視野に入れた取組みですので、血縁構築については「登録事業」の一環として、ご協力をお願いしました。
 平成21年10月:血縁構築開始(予定)
 平成21年度後期:モデル地域での出生確認書発行(予定)

  
5.2009 北海道 ホルスタイン ナショナル ショウ
 今年度のナショナルショウは開催要領に大きな変更点はありませんが、開催地が十勝農協連家畜共進会場(音更町)であることを説明しました。



  
 恒例の「組合員海外酪農視察研修」を今年も、デーリィマン社との共同企画で実施いたします。「ローヤル・アグリカルチュラル・ウインター・フェアー2009」をメインの研修として、11月10日から16日までの7日間で実施いたします。
 カナダ第一の商業都市トロント都心のナショナル・トレードセンターで開催されるカナダ農業祭は酪農国カナダが国を挙げて開催するもので、そのメインプログラムである乳用牛共進会は、ホルスタイン約400頭が出品され、アメリカ・ワールド・デーリィ・エキスポと並ぶ北米を代表するホルスタインショウです。カナダ随一の乳牛セール(セール・オブ・スターズ)も同時に開催されます。
 この他にショウマンシップショウ、肉用牛ショウはもちろん人気のホースショウや他の動物や農作物の品評会なども行われており、どれを見るかはあなた次第。
 今年も短い旅行期間をできるだけ有効に過ごしてもらえるよう、行きは成田からトロントへの直行便で丁度夕食時に到着します。
 研修日程は下記の通りですが、この際、日常の農作業を忘れて丸2日間どっぷりと共進会を楽しんでみてはいかがでしょうか。
 参加される組合員やご家族の方には規程により組合負担金としての助成金制度がありますので、是非、ご参加くださるようご案内いたします。
    
    
1.日 程
  平成21年11月10日(火)~16日(月)【5泊7日】
2.参加費
318,000円
(宿泊は二人部屋・最少催行人員全体で15名)
渡航手続費用、旅行傷害保険、個人的費用は各自負担となります。
現地空港税(7,000円程度)、燃油特別付加運賃(10月以降再度設定される可能性があり)は別途
組合負担金
1)本人を含め同一家族が初めて参加の場合             ・・5万円
2)過去に参加した人以外の同一家族の場合             ・・3万円
3)過去に参加した人以外の同一家族で酪農後継予定者の場合 ・・5万円
4)過去に研修・実習で組合負担金を受けたことのある人は対象となりません。
3.助成対象募集人員   10名
4.申込み締切り 9月30日(水)
※地区組合員協議会長または総務課(011)726-3111 へお申込みください。
  

カナダ酪農視察研修旅行

目次

月/日
(曜日)

地名/滞在先 現地時刻 交通機関 行    程
1 2009
11
10
(火)
新千歳発
羽田着


成田発
11:30
13:05

17:00
NH058
(01:35)
専用バス
AC002

空路:国内線にて羽田へ
着後:専用バスにて成田空港へ

空路、国際線にてトロントへ
   日付変更線

機内食
トロント

ナイアガラ
15:00

18:00
(12:00)
専用バス
着後:専用バスにてナイアガラ・フォールズへ

ホテルへ         (ナイアガラ・フォールズ泊)




2 1111
(水)
ナイアガラ

トロント
08:30 専用バス

朝:ナイアガラの滝研修
終日:牧場視察(4箇所)
             (トロント泊)



3 1112
)
トロント 08:00



17:00
専用バス :専用バスにて会場へ
終日:ロイヤル・ウインター・フェア視察
09:00 
レッド&ホワイトホルスタインショー
14:00 未経産クラス

17:00 セール・オブ・スターズ(予定)
   
             (トロント泊)


4 11月13日
)
トロント 06:30 専用バス 終日:ロイヤル・ウインター・フェア視察
07:30 経産クラス
             (トロント泊)
B
O
X
5 11月14日
)
トロント発
バンクーバー着
08:30
10:35
AC1137
(05
:05)

専用バス

空路:バンクーバーへ
着後:バンクーバー市内研修
(クイーンエリザベス公園、チャイナタウン、ギャスタウン、スタンレー公園など)
             (バンクーバー泊)

×
6 11月15日
(日)
バンクーバー発
13:55
専用バス
AC001
(09
:50)
専用バスにて空港へ。
空路:帰国の途へ。
             (機内泊)
      




7 11月16日
)
成田着
成田発
新千歳着
17:30
19:00

20:40

NH2155
(01
:40)

空路:千歳へ。
着後:解散


×

※利用航空会社 NH=全日空 AC=エアーカナダ
※成田~トロント直行便が運休した場合、バンクーバー乗継になる場合があります。
利用予定交通機関、施設により予定時間は変更になる場合がございますのでご了承下さい。




 組合員女性研修会を下記により開催いたします。
 他地区の方々と楽しい時間を過ごし、日頃の疲れを癒しませんか?ご多用中とは思いますが、皆様お誘いあわせの上、お気軽にご参加下さい。
   期  日
 
平成21年10月29日(木)~30日(金)1泊2日
募集人数   
 
30名  {15名に満たない場合は中止}
宿泊先     

しんしのつ温泉 たっぷの湯
 石狩郡新篠津村 ℡(0126)58-3166
負担金      宿泊料…組合負担
交通費…往復旅費の2/3を助成(全管内)
申込み
参加を希望される方は地区の組合員協議会長又は同事務局に申込み下さい。
※ 参加申込者には、本人宛詳細案内をお送りいたします。
※ 申込後のキャンセルは4日前までにご連絡願います。
 詳細問合せ:総務課 ℡(011)726-3111
研修日程
29日(木)〔1日目〕   30日(金)〔2日目〕
11:30 札幌駅北口集合 10:00 ホテル発
13:00 花畑牧場 夕張希望の丘にて昼食・買物 11:30 札幌駅北口着
16:00 岩見沢市 瀬能(剛)牧場 解散
18:00 ホテル着(新篠津村)
19:00 懇親会
石  狩 横田 巌 (℡011-773-1250) 十  勝 野原幸治 (℡0155-64-5971)
空知・留萌 中澤誠一 (℡0126-55-3441) 釧  路 菅原善幸 (℡01547-6-8429)
上  川 佐藤 勤 (℡0166-75-5000) 根  室 山田光男 (℡01537-6-2052)
後志・道南 影浦義和 (℡0137-63-4212) 網  走 惣田和雄 (℡01587-6-2335)
胆振・日高 登立俊博 (℡01464-7-5188) 宗  谷 澤田礼二 (℡01636-4-1402)



平成21年7月31日(金)午後2時
京 王 プ ラ ザ ホ テ ル 札 幌
【報告事項】
1.前回理事会(5/27)後の主な処理事項について
/ 30 31 2009年北海道ブラックアンドホワイトショウ
/ 家畜市場運営協力委員会
/ 第1回役員選任推薦会議
JHBS第38回定時株主総会
/ 10 北海道酪農検定検査協会 理事会
ジェネティクス北海道 期末監査
/ 12 日ホ 第248回理事会 第59回通常総会
/ 16 ラクレン農業協同組合連合会 第44回通常総会
/ 22 北海道農業協同組合中央会 総会
ジェネティクス北海道 第37回通常総会
/ 23 北海道信用農業協同組合連合会 総会
北海道酪農畜産協会 平成21年度総会
/ 24 北海道酪農検定検査協会 第35回通常総会
/ 25 登録情報活用に係る検討会
/ (仮称)北海道ブラウンスイス協議会 設立準備会
/ 全酪連 ブロック別会長・組合長会議
/ 24 地区登録委員研修協議会(9地区)
/ 10 全酪連 役員選考委員会
/ 14 後代検定事業中央推進会議
/ 22 全国和牛登録協会との出生確認書に係る打合せ
/ 26 第41回十勝総合畜産共進会
/ 30 総務委員会
経済企画委員会
2.業務及び収支の状況について
 業務の進捗状況については、6月末で1/4四半期を過ぎたため計画対比25%が目安となる。
 血統登録は、登録頭数39,231頭で計画対比24.5%の進捗であり、今後の予測では、北海道は昨年並みの乳牛飼養頭数であり、12月までのF1出生数は前年比1.5%減と予測され、計画通りの登録頭数が見込まれる。
 牛群毎の検定申込み戸数は7月末で1,062戸となり計画数に達している。
 審査の牛群基本申込戸数は190戸で計画対比39.2%、牛群2回以上申込戸数は91戸で計画対比14.4%である。牛群頭数は4,415頭で計画対比26.8%で推移し、審査全般においては計画対比26.6%であり、前年対比89.2%となっている。
 家畜市場成績では、出場頭数は前年同期よりも少なく推移しており、初生犢においては東北産のものが入らなくなっていることや、大型肥育農家の一貫肥育による直接販売の影響で道南ものが減少している。このようなことで頭数の合計は計画対比20.2%であるが、売買金額の合計については、乳用牛以外は計画の平均価格を超えての取引となり、計画対比25.5%で進捗している。今後、地域の商人やJAなどを巡回し出荷推進に努める。
 流通業務では、乳牛、肉用牛ともに前年を上回って順調に推移しており。合計頭数では、前年対比104.6%、計画対比29.9%となっている。金額については、乳牛の増加分が前年を上回り、合計で前年対比103.7%、計画対比29.6%で推移している。
3.日ホ 理事会並びに第59回通常総会の概要について
4.総務委員会報告について
5.経済企画委員会報告について
6.家畜市場新施設完成に伴う特別行事及び工事進捗状況について
【協議事項】
1.組合員の加入・譲渡・脱退について
  期首:1,051名 加入:6名 脱退:13名
  現在:1,044名

2.組合員の女性研修会実施(案)について

3.役員の海外研修(案)について

4.2009年共進会ジャッジ研修会開催要領(案)について

5.ナショナルショウ貢献賞の推薦(案)について

6.2009北海道ホルスタインナショナルショウ監視員について

7.2010北海道ホルスタインナショナルショウ審査員について

8.北海道ホルスタインナショナルショウ審査員選考要領の検討について

9.第64回通常総会の日時場所について
  日時:平成22年5月26日(水)11時
  場所:かでる2.7(札幌市中央区北2条西7丁目)




~爽快~ 第8回全日本ホルスタイン共進会  (岩手県滝沢村)
   
 今夏の北海道、梅雨のような長雨にたたられ、あっという間に過ぎ去ったようですが、私の夏は、北海道ホルスタインナショナルショウを楽しみ、チャンピオンたちの優美な姿を堪能し、その満足感に浸るまで続きます。ショウが閉会したとたんに、冷涼で爽快な風を感じ、空高い雲の流れに気付き、もう秋なのだと実感します。
 9月、2009ナショナルショウ、間もなく開催です。出品予定の皆さん、準備のほどは!

 今月の『温故知新』は、第8回全共の様子と上位入賞牛を先月号に引き続き紹介します。

 第8回全日本ホルスタイン共進会は、1985(昭60)年10月9日~13日の5日間、岩手県滝沢村において新たに建築された全天候型恒久施設の岩手産業文化センターにおいて開催されています。出品頭数は297頭で、北海道からは38戸47頭の出品があり、会場を訪れた国内外の来客と参観者の総数は38万人でした。
    

〔未経産牛・経産牛〕 

 全共で定められている規則の出品制限に、第6回から『都道府県の出品頭数の過半数が経産牛でなければならない』とあります。それまでの全共では、部の構成や出品のしやすさなどから系統群を除く個体審査の部で未経産牛が半数を超え、第5回においては、その7割以上が未経産牛の出品でした。“経産牛を半数以上”の制限により、第8回以降においては、先に示した図のとおり経産牛が半数を超えた構成で推移しています。


 では、第8回全共岩手大会の経産牛と母系牛群の上位入賞牛を短評とともに紹介します。


第8部 経産 5歳以上
【優等賞1席】
 体高154㎝の大型牛で、体積豊かで後肋の開張にすぐれ、特に乳用牛の特質にひいで、資質の良さがはっきりと現れていた。乳頭の方向と肩後の移行に難。
ジヤ-ランチエ クロス アライアンス 5才5月
父:ジエ-エ- アライアンス エ-ス
出品:別海町 宗像 宏充

〔ベストアダー〕
【優等賞2席】
 大型牛であるが体各部の均称が良く、乳用牛の特質にすぐれ、特に後乳房は高く、広く付着し好ましい。乳頭の方向と肩後の充実に難。
クレセント アドミラル ジユリア 5才2月
父:ブラウンデ-ル サ- クリストフア-
出品:北村 瀬能 勉
                 








   
第9部 多回検定 6歳以上
【名誉賞・優等賞1席】
 4産を分娩。頭から頸、頸から前躯にかけての移行が誠に滑らか、鋭角性に富み、中躯は伸びが良く、乳房の付着形状もよく、素晴らしい乳牛。乳頭がやや太く、長いことが惜しい。
アイランド ベツス テルスタ- エル 6才0月
父:サパスカ エル トロ
出品:大樹町 島田 成司
  
【優等賞2席】
 6産で、後乳房の付着は高く、広く、前乳房はよく前方に伸びて付着し、容積に富み、かつ正中堤靭帯は強く明瞭で、非常に力強い乳房。頸がやや短く、肋張りが丸め、乳用牛の特質においてわずかに劣った。
ト-テムポ-ル ブリギ-ン ケ-ト フアウンテイン   7才6月
父:エ- ブリギ-ン サイテ-シヨン アタツシユ
出品:広尾町 角倉 光記
   〔ベストアダー〕

第10部 母系牛群 経産
【名誉賞・優等賞1席】
 姿勢優美で各部のつり合いよく、活力に富み、肋の開張にすぐれ、力強く、体積雄大であり、乳房の資質良好で、後乳房は幅広く付着し、乳器の力強さが窺えた。相似性少し欠け、乳房底面の傾斜が若干見られた。
 
母:ウインナ- シユ-プリ-ム エスコ-ト(アグロ エ-カ-ス シユ-プリ-ム)
ウインナ- エスコ-ト コピ-  4才4月
  父:パインハ-スト コピ-ライト
ウインナ- レ-クハ-スト エスコ-ト ビ- フタゴ 6才4月
  父:プレステ-ジ オブ レ-クハ-スト
出品:東藻琴村(大空町) 楠目 久定

【優等賞2席】
 体型、体格が極めて相似性にすぐれ、各部のつり合いよく、肢蹄強健で、乳房の資質良好であるが、妹牛の前乳房付着にやや弱さを見せていた。
母:グリ-ンミラ- ヒンペル スポフオ-ド(グリ-ンミラ- スポフオ-ド メ-ベル)
スター フイ-ルド ヒンペル クリツシ- ロ-ズ 5才9月
  父:ロ-マンデ-ル カウント クリスタン
スタ-フイ-ルド ヒンペル カウンテス   4才8月
  父:ロ-マンデ-ル カウント クリスタン
出品:中標津町  星野 勇一
〔こぼれ話…調教〕
 ショウリングで、リードマンの意のままに歩み、止まり、姿勢を正す、当り前のような事ですが、そこまでに至るには手間隙かけた調教が行われ、出品牛にその動きを教え込んだ結果だと想像します。
 その調教、こんなことまでやれるんだ…、すごいな~と、驚き、感心し、…ニヤリとしたのがこの写真です。
サ- プロスペクト ジュニア バタ-キング
農林省畜産試験場
 写真にある姿は若い雄牛のようです。(名号にもキングとあります)果たして、何秒間静止していたのかは定かでありませんが、‘乳牛の調教’との題で資料に掲載されていました。残念ながら、この牛について、詳細な情報は不明ですが、写真が撮られた時期は昭和初期のようです。名号からは、当時名を馳せた系統のバター キングがあり、同時期に北海道空知地方で活躍した種雄牛の名号と非常に良く似ています。
 当時の乳牛は、仕役牛としての価値と存在も求められていたので、写真のような動物芸や見世物にある調教や訓練が、日課として行われていたのでしょうか?(猿回しっていうのはありますが、牛回し…、芸を見世物にするには色々と問題がありそうですね)
 
  
    
【1985(昭60)年】
[物 故]1月30日:宇都宮 勤 当組合初代組合長
 組合設立以来32年間に亘り組合長を務められ、組合の隆盛に尽力されるとともに、北海道、ひいては日本の乳牛改良に精力を注がれました。
 当組合事務所の1階ロビーには、宇都宮組合長の胸像が置かれ、日々 私達を見守ってくれています。その胸像には、以下の碑文が記されています。
 宇都宮 勤氏は、昭和21年同志を糾合し北海道ホルスタイン協会を設立し、さらに昭和23年北海道ホルスタイン農協を設立して戦後崩壊の危機にさらされていた乳牛登録検定事業を正常にもどし、今日の改良の基礎を固められた。
 爾来30年、組合長として常に組合員の先頭に立ち、乳牛の改良事業、流通事業の推進、施設の拡充、財務の確立をはかるなど組合運営に精根を尽くし組合員の経済的社会的地位の向上に大きく貢献されたのである。
 組合設立30周年を迎え、ここに胸像をつくり氏の功績を長く後世に伝えるものである。
   昭和52年11月
   北海道ホルスタイン農業協同組合
  

 1985(昭60)年10月、‘まきばの祭典’『第8回全日本ホルスタイン共進会』が、秋冷爽快な岩手県滝沢村において盛大に開催されました。来月号は、熊本県で開催された第9回全共‘90ファームフェスタ’の模様を紹介します。
資料・写真 第8回全日本ホルスタイン共進会記念誌
デーリィマン 1985-VOL35-12月号
日本の乳牛 ホルスタイン史




体型審査の予定は次のとおりです。
も寄りの登録取扱団体にお申し込み下さい。
日程 9月28日~10月9日
 □石狩地区
    全管内
 □空知地区
    全管内
 □十勝地区
    豊頃・浦幌・本別・足寄・陸別
 □根室地区
    西春別・中標津・計根別
 □網走地区
    紋別・上渚滑・雄武・興部・滝上・西興部
 
日程 10月19日~10月30日
 □上川地区
    全管内
 □後志・渡島・檜山地区
    全管内
 □十勝地区
    新得・清水・芽室・鹿追・士幌・上士幌
 □釧路地区
    釧路・阿寒・鶴居・幌呂・白糠・音別・弟子屈
 □網走地区
    丸瀬布・遠軽・上湧別・湧別・芭露・生田原・白滝・留辺蘂・温根湯
 
日程 11月9日~11月20日
 □十勝地区
    中札内・更別・大樹・広尾・忠類
 □釧路地区
    標茶・浜中・厚岸
 □根室地区
    根室・別海・標津
 □網走地区
    北見・相内・上常呂・置戸・訓子府・端野・美幌・女満別・津別
 □留萌地区
    全管内
  
日程 11月25日~12月5日
 □胆振・日高地区
    全管内
 □十勝地区
    帯広・川西・大正・音更・木野・高島・池田・幕別・札内
 □根室地区
    上春別・中春別・計根別(一部)
 □網走地区
    網走・佐呂間・常呂・東藻琴・斜里・小清水・清里
 □宗谷地区
    全管内

 



 
 大通りのビアガーデンも終わり、ビールがおいしい!と感じる季節も終わろうとしていますが、みなさんは乾杯の時、何を飲みますか?
 『とりあえずビール』『乾杯はビールで』と言う方は多いと思いますが、そのビールについて…
 ビールと泡の割合はどのくらいがお好みですか?
 昔、ビアホールに来たお客さんが、そこの店主を訴えるという“泡論争”が起きたそうです。その事件が起きたきっかけはビールの泡!!
 お客が「ジョッキのビールの泡が多すぎる。泡を売って儲けるとはどういう事だ(怒)」と訴訟を起こしたのです。しかし、3年間の論争の後、醸造学の博士までもが登場し、15~30%程度の泡ならよしとするという判決が下ったそうです。
 もう一つ…
 最近私の友達の間で、いろんな世界の乾杯をするのが流行っています。例えばアメリカでは『チアーズ!』、中国では『カンペイ!』、スペインでは『サルー!』などなど世界にはいろんな乾杯の仕方があります。ちなみに私の好きな乾杯はハワイ語での乾杯で『ヒパヒパ~♪』です。みなさんもいろんな乾杯をしてみてはいかがですか?
T.T

 
Copyright (C) 2009 Hokkaido Holstein Agricultural Cooperation . All Rights Reserved